陶器に関する情報が満載!


陶器のいろは

壊れた陶器を自宅で修理する方法とは?

壊れた陶器を自宅で修理する方法とは? 陶器は大切に扱っていても突然壊れてしまうことがあります。
壊れた陶器は専門の業者に修復を依頼すると、すぐに修復してくれて、精度も高いので安心です。
ですが時間がかかる場合が多く、費用もとても高いのですぐに修理を依頼することができない状況です。
そんな時には自宅において自分で修理を行いましょう。
自宅において陶器を修理する方法はいくつも存在していて、きちんと道具を用意しておけば、ある程度の精度で修理を完了することできます。
まず壊れた陶器を修理する際に必要になるのが、食器などの修繕に利用されるタイプの接着剤です。修繕専用の接着剤は水などに強く、きちんと食器の修繕に使用できます。
使い勝手がとても良く簡単に使うことができるので、食器類の修繕にぴったりです。
これらの接着剤を壊れた部分に縫って、きちんと修繕を行えば、1時間程度で完全に元通りになるので、修復方法としては、この方法が一番簡単で行なう価値が高いと言えます。

大切な陶器は業者に修理を出そう!

大切な陶器は業者に修理を出そう! 陶器は長く使っていると、衝撃で欠けたり割れたりすることがあります。
大切な陶器の場合、使えないと捨てるのではなく修理を行うことで、新品とは異なる味わいあるデザインに仕上げることが可能です。
陶器の修理方法としては、専用のパテを使ったり伝統的な金継ぎが有名です。金継ぎは破損した部分を漆で接着し、金などの金属粉を使い仕上げる修復技法で、破損する前とは異なる趣を楽しむことができます。
材料を用意すれば自分で修理できないこともありませんが、慣れていない場合は破損部分を広げてしまったり、いびつな仕上がりになってしまう可能性もあります。
そのため、綺麗に仕上げたい時は、専門の業者に依頼するのをおすすめします。
特に割れてバラバラになってしまった陶器など、専門の知識や技術が無いと難しい修理もできるのが業者の特徴です。
なるべく破片を使いながら、足りない部分を周囲の質感や柄に合わせて造形することができるのは専門業者ならではです。


Copyright 2017 陶器のいろは All Rights Reserved.