破損した陶器の安全な捨て方


陶器のいろは

破損した陶器の安全な捨て方

破損した陶器の安全な捨て方 陶器は落としたり、何かにぶつけるとすぐ欠けたり、割れたりしてしまいます。破損した場合の処分方法は各自治体のゴミの捨て方に従って行なうことが大切です。ほとんどの場合破損した陶器は燃えないゴミとして扱われています。ただその場合も注意が必要です。
割れたり欠けたりしたものをそのまま直接指定のゴミ袋に入れたのでは、袋はすぐ破れてしまうことがあります。また破片を手で扱っているうちに固く尖った部分で手を傷つける危険性もあります。破損した陶器を捨てる時には先ず古新聞にくるみましょう。それをゴミとして出すのです。新聞でくるんだだけでは何が入っているかわからないのでマジックペンなどで「陶器」と書いておくことも必要です。
そして食べ物を入れた状態で落として壊れてしまうこともあります。食べ物は燃えるゴミとなるので、処分方法の違うゴミはきちんと分けなければなりません。この場合も割れたものの扱いは同じように新聞にくるんで出してください。

陶器は何ゴミに分類されるの?

陶器は何ゴミに分類されるの? 毎日使う食器類。使っているときに落としたり、ぶつけたりして割れてしまうこともありますね。食器といってもその材質は様々です。処分する際も住んでいる地域によって細かくルールが決められているので注意が必要です。
陶器は燃えないゴミに分類されます。コップや皿、花瓶など家庭内でもよく見かけますね。処分する際は新聞などに包み「危険・割れ物」というメモ書きを貼っておきましょう。外側に割れ物と記載しておくことで清掃業者の人が怪我をしないで済みます。地域によっては箱に入れて中身を記載する必要があったり、割れ物でなければ中身の見える袋に入れるだけだったり同じものを処分するにもやり方が全く違います。自分の地域の処分方法が分からない場合は役所に電話をしたり、ホームページで確認したりできるので調べてみましょう。
ただし、30㎝を超えるような大きな陶器は粗大ゴミに分類されます。粗大ゴミも自治体によって処分方法が違うので確認が必要です。
かつて陶器はリサイクル不能と言われていましたが、技術の進歩により現在はリサイクル陶土として再び使用できるよう研究が進んでいます。壊れてしまったものは処分する必要がありますが、ひとつのものを長く大事に使うということを心に刻んで過ごしていきたいですね。


Copyright 2017 陶器のいろは All Rights Reserved.